MACメデイカル

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/8【第78回MACメディカル交流会のご案内】

<<   作成日時 : 2017/03/29 07:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


お花見の候、皆様如何お過ごしでしょうか。定例会MACメディカル交流会のご案内です。今回は東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 合田圭介教授の登場です。演題は「大規模1細胞解析によるセレンディピティ(砂浜から一粒の砂金)の計画的創出」となります。演者からのメッセージは下記参照ください。今回も皆様の多数の参加をお待ちしています
■注意事項
【届いた本メールに返信されると全員に配信されますのでご注意ください】
【参加可否などの個別メールは下記アドレスへお願いします。】
macsanka@gmail.com 

【第78回MACメディカル交流会のご案内】
講演名:「大規模1細胞解析によるセレンディピティの計画的創出」
講演者: 東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 合田圭介教授

【日時】 2017年5月8日 月曜日
18時30分〜18時45分(参加者自己紹介)
18時45分〜20時00分 講演(Q&A込み、75分)
20時00分〜21時30分 懇親会 フォーラム談話室
【場所】 会場 紀尾井フォーラム  
     住所: 東京都千代田区紀尾井町 ニューオータニガーデンコート1F
     地図 http://kioi-forum.com/access/


1細胞解析とは
https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/3924.html
セレンディピティの計画的創出
http://www.jst.go.jp/impact/serendipity/
セレンディピティの計画的創出のフェィスブック
https://www.facebook.com/impact.serendipity/

油を多く産生するユーグレナ変異体を選抜する品種改良法の開発に成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160523/
株式会社ユーグレナ、東京大学、理化学研究所から構成された研究グループは、細胞刺激(変異原処理および蛍光染色)を組み合わせることで、遺伝的に多様なユーグレナの集団を作出し、そこから効率的に今回目的とした油脂含有量を多く含むユーグレナの選抜に成功しました。

【講師からのメッセージ】
要旨: 世の中は平均値であふれている。平均年収、平均気温、平均寿命、平均体重、日経平均株価。しかしながら、平均値は集団を代表する値とは限らない。この平均値問題は生命科学分野において顕著である。実際に、従来のバルク(集団)で行う分析で得られる平均値では、細胞の多様性(Cellular Heterogeneity)を正しく理解することが出来ない。主な例に癌細胞の薬剤耐性、バクテリアの抗生物質耐性、代謝工学における微生物生産性がある。OECDによると2030年のバイオ産業の市場規模は約200兆円と見通されている一方で、この細胞の多様性を正しく活用することが出来ないため、バイオ産業を効果的に発展させることが困難である。本講演では、この課題を解決するために現在開発中の大規模1細胞解析技術を紹介する。これは、多種多様な細胞集団を1細胞の分解能で高速・正確・網羅的に調べ上げる人工知能搭載の装置である。膨大な細胞の高次元データから仮説を導き出すことで未知なる生命現象の発見や応用展開を可能とするデータ駆動科学について紹介する。本技術により、従来の平均値的な細胞計測によりデータに埋もれていたセレンディピティ(砂浜から一粒の砂金)を計画的に創出する夢物語が実現可能となる。

【参加費】 4,500円(料理+フリードリンク)
交流会のキャンセルは前日までにお願いします。なお、無断欠席及び当日キャンセルの場合はキャンセル料2,500円を徴収させて頂きますので、よろしくお願いします。
当日TEL :当日の緊急連絡は前島の携帯 090-6176-8082までご連絡ください。

【ご出欠の連絡方法】 macsanka@gmail.com  (事務局のアドレス)
参加の有無につきましては、会場の都合がありますので,4月24日(月)までに、ご連絡をお願いします。

【プロフィル】
略歴: 東京大学大学院理学系研究科教授。2001年カリフォルニア大学バークレー校理学部物理学科卒業(首席)。2007年マサチューセッツ工科大学理学部物理学科博士課程修了(理学博士)。カリフォルニア工科大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校を経て、2012年より現職。2014年より内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)プログラムマネージャー。同年に世界経済フォーラムのヤンググローバルリーダー、AERA「日本を突破する100人」の一人に選出。専門は光量子科学、物理化学、バイオエンジニアリング、データ駆動科学、1細胞解析。革新的な研究開発に加えてグローバルリーダーの育成に力を入れている。数多くの賞を受賞。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/8【第78回MACメディカル交流会のご案内】 MACメデイカル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる