MACメデイカル

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/22 【第76回MACメディカル交流会のご案内】

<<   作成日時 : 2016/10/22 14:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

清秋の候、皆様如何お過ごしでしょうか。定例会MACメディカル交流会のご案内です。今回は北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室 供田 洋教授の登場です。演題は「脂肪肝治療薬開発の話題」となります。演者からのメッセージは下記参照ください。今回も皆様の多数の参加をお待ちしています

【講師からのメッセージ】
非アルコール性脂肪肝炎を代表とする脂肪肝疾患に対する治療薬開発の標的タンパク質として、Farnesol X receptor(FXR)やAcetyl-CoA carboxylase(ACC)そして我々の期待しているSterol O-acyltransferase (SOAT)を取り上げ、これら標的タンパク質に作用する化合物群について紹介する。

■注意事項
【参加可否などの個別メールは下記アドレスへお願いします。】
macsanka@gmail.com 

第76回MACメディカル交流会のご案内】
講演名:「脂肪肝治療薬開発の話題」
講演者:北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室 供田 洋教授
http://www.pharm.kitasato-u.ac.jp/microbchem/wei_sheng_wu_yao_pin_zhi_zao_xue/Welcome.html

日時:2016年11月22日(火) 
18:30-19:50 (Q&A込み、80分)
20:00- 懇親会

【店 名】 ホテルニューオータニ  ガーデンコート 4階 レストラン ガンシップ
【場 所】 03-3221-4314 〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1
ガンシップの URL
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/gunship/

ホテルニューオータニのガーデンコート内の4階になります
このレストランのなかで講演会と交流会を開催します

【参加費】   4,500円(料理+フリードリンク)
交流会のキャンセルは前日までにお願いします。なお、無断欠席及び当日キャンセルの場合はキャンセル料2,500円を徴収させて頂きますので、よろしくお願いします。
当日TEL :当日の緊急連絡は前島の携帯 090-6176-8082までご連絡ください。


【ご出欠の連絡方法】 macsanka@gmail.com  (事務局のアドレス)
参加の有無につきましては、会場の都合がありますので,11月8日(火)までに、ご連絡をお願いします。

【略歴】
氏名:   供 田  洋 (男) 様
生年月日:昭和30年1月6日
所属:北里大学 薬学部 微生物薬品製造学教室
所在地:〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
役職: 教授
連絡先:Tel : 03-5791-6241 Fax: 03-3444-6197
E-mail: tomodah@pharm.kitasato-u.ac.jp
学歴:昭和53年3月 東京大学薬学部卒業(旧応用微生物研究所第8研究部)
   昭和53年4月 東京大学大学院薬学系研究科入学
   昭和58年3月 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了
    応用微生物研究所(現分子細胞生物学研究所)故奥田重信教授のもと「セ
    ルレニンの脂肪酸合成酵素阻害機構とセルレニン生産菌の自己耐性機構の
    解明」に関する研究
学位:薬学博士(東京大学 昭和58年)
職歴:昭和58年4月(社)北里研究所入所 研究員(大村智教授のもと)
   昭和62年7月〜平成元年2月 米国ジョンズホプキンス大学博士研究員
    医学部 Prof. Y. Kishimoto 及び生物学部 Prof. Y. C. Lee のもと糖鎖
    構造による細胞認識機構に関する研究に従事
   平成 2年4月(社)北里研究所・生物機能研究所 室長
   平成 7年4月(社)北里研究所・生物機能研究所 副所長
   平成13年4月 北里大学北里生命科学研究所・大学院感染制御科学府 教授
平成17年4月~ 現職
研究歴:
   昭和58年〜現在 微生物資源からの有用物質(脂質代謝阻害剤、抗感染症薬
    など)の開拓研究
   昭和62年〜平成元年  糖鎖構造による細胞認識機構の解析
   昭和58年〜現在 微生物由来機能分子を利用した生体・細胞機能解析 
賞罰:平成9年11月 住木・梅澤記念賞受賞(日本抗生物質学術協議会)
      「微生物起源の脂質代謝阻害剤に関する研究」
   平成12年5月 ジョンズホプキンススカラーに選出(ジョンズホプキンス大)
   平成13年3月 日本薬学会学術振興賞(日本薬学会)
      「生物の有する特殊性を利用した有用微生物代謝産物の開拓研究」
所属学会他:
   日本薬学会、日本生化学会、日本放線菌学会、日本脂質生化学会、
   日本細菌学会、米国工業微生物学会
   日本抗生物質学術協議会(Editorial Board Member of J. Antibiotics)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/22 【第76回MACメディカル交流会のご案内】 MACメデイカル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる