MACメデイカル

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/30第53回MACメディカル交流会のご案内

<<   作成日時 : 2012/03/20 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

早春の候、皆様如何お過ごしでしょうか。定例会MACメディカル交流会のご案内です。今回は東京北社会保険病院 脳神経外科科長及び同院栄養健康センター長 山田素行氏に『病院栄養管理の基本「NST」から、地域栄養管理の最新システム「栄養健康コンサルタント・東京北」まで』という演題で講演をして頂きます。下記に講師からのメッセージを添付させて頂きます。今回も皆様の多数の参加をお待ちしています。

■注意事項
【参加可否などの個別メールは下記アドレスへお願いします。】
macsanka@gmail.com

【第53回MACメディカル交流会のご案内】
講演名:『病院栄養管理の基本「NST」から、地域栄養管理の最新システム「栄養健康コンサルタント・東京北」まで講演者:東京北社会保険病院 脳神経外科 科長同院 栄養健康センター センター長 山田素行氏東京北社会保険病院 http://www.tokyokita-jadecom.jp/

日時: 2012年5月30日(水) 
18時30分〜19時30分(講演)
19時45分〜21時30分(懇親会)

場 所: 東京都中小企業会館 8階C室 会議室
住 所: 〒104-0061 中央区銀座2−10−18  
п@03-3542-0121
地 図: http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

アクセス:東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11出口徒歩1分
東京メトロ銀座線「銀座駅」A13出口徒歩7分

懇親会: 銀座 笑笑庵 講演会場の地下です
URL: http://r.gnavi.co.jp/g406400/
参加費: 4000円(会場費及び懇親会費の合計です)。(キャンセルは前日までにお願いします
無断欠席及び当日キャンセルの場合はキャンセル料2000円を徴収させて頂きますので、よろしくお願いします。な
お、MACメディカルは、いわゆる手作りの会で、現在、法人格を有していないこともあり、領収書を発行しておりませ
んので、あらかじめご承知おきください)

当日TEL: 当日の緊急連絡は前島の携帯 090-6176-8082までご連絡ください
【ご出欠の連絡方法】
参加の有無につきましては、会場の都合がありますので5月16日(水)までに、事務局宛てのアドレス
( macsanka@gmail.com )
にご連絡をお願いします。

【講師からのメッセージ】
近年、病院の現場では栄養管理の重要性への認識が非常に高まってきています。具体的には「NST」(栄養サポートチーム)というチーム医療が起点となっており、その活動は全国的に、そして急速に拡大しています。この流れに基づき、医療従事者側は、入院患者の低栄養状態を改善しようという意識が年々増加していますが、食品メーカーや製薬会社側も、実際に多くの新しい食品を開発し、この10年で数倍以上拡大していると思われる分野です。一方、病院や開業医院の外来通院患者には、過剰栄養の患者が相当多数存在していますが、いまだ十分な対応ができていない現状があります。
そこで、東京北社会保険病院では、「栄養健康コンサルタント・東京北」という自費で病院管理栄養士からの栄養相談をうけるシステムを新しく開発し、地域の患者の健康をサポートする試みを平成22年秋より運用開始しました。北区の開業医から実際に利用され始めており、開業医からも患者からもニーズのある新しい仕組みになっています。
平成24年からは同じシステムが港区の病院でも取り入れられ、すこしずつ拡大する可能性が期待されています。また「NST」でも「栄養健康コンサルタント・東京北」でも、管理栄養士・栄養士の活躍が鍵になるため、「Yスタイルスク
ール」という管理栄養士・栄養士の社会人学習の場も作り、大変好評を得ています。
「NST」という全国的・基本的な取り組みの現場の基礎的な内容と、我々が独自に取り組む「栄養健康コンサルタント・東京北」という最新の、まだ特殊なモデルの話をする予定です。興味のある方は是非ご参加いただければ幸いです。

【プロフィール】  
平成6年、慶應義塾大学医学部を卒業し、慶應義塾大学医学部 外科研修後、脳神経外科に入局。さいたま市立病院、済生会神奈川県病院、慶應義塾大学病院 脳神経外科を経て、静岡赤十字病院 脳神経外科副部長。現在は東京北社会保険病院、脳神経外科科長。

栄養関連では、静岡赤十字病院時代に栄養サポートチーム(NST)活動に関わり始め、現在は東京北社会保険病院のNST委員長、栄養健康センター センター長。また、栄養健康フォーラム東京・北区 代表世話人、日本栄養健康研究会 会長、日本病態栄養学会 学術評議員を務めています。脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本臨床栄養学会認定臨床栄養医など。

【追加情報】
山田先生は管理栄養士・栄養士のスキルアップをサポートすることから、地域の健康に貢献しようと活動されています。詳細は下記日本栄養健康研究会(JNH)をご参照ください

http://eiyoukenkou.com/index.html

以上


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/30第53回MACメディカル交流会のご案内 MACメデイカル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる