MACメデイカル

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/24第46回MACメディカル交流会のご案内

<<   作成日時 : 2010/10/13 21:22   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

清秋の候、皆様如何お過ごしでしょうか。MACメディカル交流会のご案内です。今回はファーマ・マーケティング・コンサルタントの井上 良一氏に『日本医薬品企業は生き延びられるか?』というテーマで講演をして頂きます。以下、講演のメッセージをお知らせします。
井上氏によれば「現在、日本を含む世界の医薬品産業は構造転換期に直面している。従来医薬品市場の成長を牽引してきた生活習慣病用薬を中心とした低分子大型品は次々と特許切れを迎え、後発品の出現による大幅な売上減少の事態を迎えつつある。さらに本分野はすでに治療満足度も高く、その改良品での事業機会もほとんど無くなってきている。・・・ (後記へ続く)」。皆様の多数の参加をお待ちしています。

【第46回MACメディカル交流会のご案内】
講演名:『日本医薬品企業は生き延びられるか?」』
講演者: 井上 良一氏(ファーマ・マーケティング・コンサルタント)
日時: 2010年11月24日(水) 
18時30分〜19時30分(講演)
19時45分〜21時30分(懇親会)

場 所: 東京都中小企業会館 8階C室 会議室
住 所: 〒104-0061 中央区銀座2−10−18  п@03-3542-0121
地 図: http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html
アクセス: 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11出口徒歩1分
東京メトロ銀座線「銀座駅」A13出口徒歩7分

懇親会: 銀座 笑笑庵 講演会場の地下です
URL: http://r.gnavi.co.jp/g406400/

参加費: 4000円(会場費及び懇親会費の合計です)。(キャンセルは前日までにお願いします)
無断欠席及び当日キャンセルの場合はキャンセル料2000円を徴収させて頂きますので、よろしくお願いします。なお、MACメディカルは、いわゆる手作りの会で、現在、法人格を有していないこともあり、領収書を発行しておりませんので、あらかじめご承知おきください)

当日TEL: 当日の緊急連絡は前島の携帯 090-6176-8082までご連絡ください
【ご出欠の連絡方法】
参加の有無につきましては、会場の都合がありますので10月29日(金)までに、事務局宛てのアドレス( macsanka@gmail.com )にご連絡をお願いします。

「(前段より続く)・・・
これらに対比して、がん、自己免疫疾患などアンメット・メディカル・ニーズが高い疾患分野では新しい創薬技術の出現により抗体医薬品/低分子標的薬などが高成長を示している。また後発品では低分子品のみならバイオ医薬品での後発品も注目されている。インフルエンザなど再来感染症への見直しはワクチンへの投資を加速化させている。加えて先進国の市場は低成長であり、これからの成長分野は新興国であるとの認識もある。
こういった事態に対して欧米メガファーマは経営戦略を明確にして対応している。中でも注目するべきはがん分野での抗体医薬品/低分子標的薬などがその対応する診断薬とセットのなったいわゆるがん個別化医療の台頭である。それとごく最近になって目立つのはノバルティス、GSK、ファイザーなどの希少・難治性疾患領域への参入である。それとがん治療用ワクチンを含むワクチン事業分野が今後の成長分野である。医薬各社はこの3大成長分野に挑戦するべきであり、これへの取り組みの成否によって医薬各社の将来の医薬品業界の地図上の地位が決まると思う。
 我が国医薬品企業はあくまでも生活習慣病領域にこだわり、がん分野など抗体医薬品/低分子標的薬や個別化医療への取り組みに大きく遅れ、ワクチンへの取り組みがまだほんのわずかしか本格化しない。まして希少・難治性疾患領域にはこぞって参入していない。わが国医薬品企業にその未来はあるか? 私はほんの一部の企業を除いて、ほとんどの日本医薬品企業は落日を迎え、立ち枯れていくであろうと思っている。」とのことです。こうした観点からご講演いただきます。  
【講師略歴】
経歴 井上良一氏  ファーマ・マーケティング・コンサルタント
•1940年:高知県生まれ。
•1963年:京都大学経済学部経済学科卒。
•1976年:ミシガン州立大MBA取得。
•1977年:サンド薬品(現ノバルティスファーマ)入社。市場調査、プロダクト・マネジャー、
臨床開発、マーケティング・マネジャーなどを歴任。
•1994年:日本ロシュに転籍。経営開発室長やシニア・プロダクト・マネジャーを歴任。
•1997年:同社マーケティング担当取締役。
•2001年:同社社長室上級顧問。
•2002年:ファーマ・マーケティング・コンサルタントとして独立。
•現在医薬品マーケティングと医薬品研究開発ポートフォリオ・マネジメントを職業上の専門とされており「個別化医療とオーファンドラッグの動向」について研究中。

【著書】
•著書「日本医薬品企業の構造改革」(薬事日報社より2002年7月出版)
•共著書「どこへ行く!医薬品産業」(北原秀猛・井上良一・保高英児、ユートシャルム社より2008年1月出版)
•医薬マーケティング月刊誌「ミクス」に「欧米メガファーマの動向と経営戦略」について2009年7月より2009年10月まで連載。2009年11月より2010年3月まで同誌に「オンコロジー・マーケティングの時代」を連載。
以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/24第46回MACメディカル交流会のご案内  MACメデイカル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる