MACメデイカル

アクセスカウンタ

zoom RSS 第41回MACメディカル交流会11/25のご案内

<<   作成日時 : 2009/10/23 06:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

MACメディカル会員 各位

紅葉の候、皆様如何お過ごしでしょうか。MACメディカル交流会のご案内です。今回はMACメディカル事務局の神郡邦男氏が、「ジェネリック医薬品の使用促進 -内外の状況と国内市場の今後の行方」というテーマで講演致します。
高齢化社会の進展により医療費、年金、介護費等の社会保障給付費が著しく増大し、国家財政を圧迫していることはご存じのことと思います。中でも医療費は社会保障給付費の約21.8兆億円(20年度一般会計予算)のうち約8.5兆円を占めています。医療費の抑制策は当初、薬剤費の伸びを抑えことを中心に行われてきましたが、現在では過剰な医療費抑制策の結果、さまざまな医療上の問題を引き起こす状況までになっています。
さて、ジェネリック医薬品はブランド医薬品と比べ安価であることより、その使用が高まれば薬剤費抑制につながります。しかし日本では欧米諸国に比べてジェネリック医薬品が処方されることは少なく、これを欧米諸国並みに高めることが課題となっています。これまでジェネリック医薬品メーカーが医療機関や調剤薬局のニーズに対応できるだけの十分な企業力を有していなかったこと、またはそう思われていたことがジェネリック医薬品の使用が進まなかったことの一因と考えられますが、近年ジェネリック医薬品メーカーは力をつけ、またこれに伴って厚労省も使用促進に積極的になってきたように思います。
さらには国内新薬メーカーのジェネリック医薬品事業の強化、海外大手ジェネリック医薬品企業の買収、そして企業提携などの動きとも相まって、ジェネリック医薬品の新時代が到来しつつあるとの感が致します。今回の講演ではここ数年のジェネリック医薬品使用促進の内外の動きを見渡し、国内ジェネリック医薬品市場の今後の行方を探ります。皆様の参加をお待ちしています。                                      事務局一同

【第41回MACメディカル交流会のご案内】
講演名:「ジェネリック医薬品の使用促進 -内外の状況と国内市場の今後の行方」
講演者: MACメディカル事務局 神郡邦男 
日時: 2009年11月25日(水)  18時30分〜19時30分(講演)
                     19時45分〜21時30分(懇親会)
  
    (懇親会の内容)
    @事務局からの連絡
    Aメンバーの方々の懇親を深めるために「会社及び個人の紹介コーナー」
     を設けました。
     (発表を希望される方はパワーポイント一枚程度にまとめて
      事務局までご連絡ください。)
 
場 所: 東京都中小企業会館 8階C室 会議室
住 所: 〒104-0061 中央区銀座2−10−18  п@03-3542-0121
地 図: http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html
アクセス: 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11出口徒歩1分
東京メトロ銀座線「銀座駅」A13出口徒歩7分

懇親会: 陳麻家 銀座3丁目店 (中小企業会館より5分〜10分)
URL:http://www.hotpepper.jp/strJ000029070/
東京都中央区銀座3−9−18 東銀座ビル1F  03-3542-2127

参加費: 4000円(会場費及び懇親会費の合計です)。(キャンセルは前日までにお願いします
無断欠席及び当日キャンセルの場合はキャンセル料2000円を徴収させて頂きますので、よろしくお願いします。なお、MACメディカルは、いわゆる手作りの会で、現在、法人格を有していないこともあり、領収書を発行しておりませんので、あらかじめご承知おきください)
当日TEL: 当日の緊急連絡は前島の携帯 090-6176-8082までご連絡ください

【ご出欠の連絡方法】
参加の有無につきましては、会場の都合がありますので11/4(水)までに、事務局宛てのアドレス( macsanka@gmail.com )にご連絡をお願いします。
【講師略歴】
1973.03  東京農工大学大学院農学研究科農芸化学専修修了
1973.04  大正製薬株式会社入社 
        総合研究所/微生物研究室、応用生物研究室
        ・主に抗糖尿病薬、脂質低下剤の創薬研究
        本社/研究開発計画部、研究開発管理部、研究システム部、
        開発企画部、開発推進部、開発総務部、治験監査室
        ・医薬品のR&D分析、開発部門人材育成制度構築など
2007.06  大正製薬株式会社退職
2007.10 〜2008.09 ガレニサーチ株式会社(顧問・執行役員)

<MACメディカル>
2002.06 MACメディカルを有志と共に設立
2006.03 講演:「予防/医療の中に機能性食品をどう位置づけるか」
2008.05 講演:「ドラッグデリバリーシステム研究−この興味深き成果−」
                                                    以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第41回MACメディカル交流会11/25のご案内  MACメデイカル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる